盗聴しても違法にならない理由とは?盗聴器の犯罪事情

盗聴器を使っても違法ではなく犯罪にはならない。そんな話、聞いたことがありませんか?

ちょっと信じがたい話ではありますが、きちんと詳しい内容や法的根拠まで把握しているかと問われると、自信を持って答えられるという人は少なかもしれません。

実は、盗聴器を仕掛けたり、盗聴という行為自体を取り締まる法律は日本に存在していません。

理由としては、一般の人でも他人の仕掛けた盗聴器から発信される電波を傍受することができてしまい、 その内容をしることができてしまうためです。

ただし、本当に盗聴目的で盗聴器を仕掛けた場合、盗聴という行為自体が罪に問われなくても、そこに付随した行動が違法性ありと判断されるケースが多いのです。

詳しい例を挙げると、まず盗聴を行うためには盗聴器を対象者の自宅や車など、その付近に設置する必要がありますよね。

その際に盗聴器を使っても違法ではなく犯罪にはならない。

そんな話、聞いたことがありませんか?ちょっと信じがたい話ではありますが、きちんと詳しい内容や法的根拠まで把握しているかと問われると、自信を持って答えられるという人は少なかもしれません。

実は、盗聴器を仕掛けたり、盗聴という行為自体を取り締まる法律は日本に存在していません。

理由としては、一般の人でも他人の仕掛けた盗聴器から発信される電波を傍受することができてしまい、その内容をしることができてしまうためです。

ただし、本当に盗聴目的で盗聴器を仕掛けた場合、盗聴という行為自体が罪に問われなくても、そこに付随した行動が違法性ありと判断されるケースが多いのです。

詳しい例を挙げると、まず盗聴を行うためには盗聴器を対象者の自宅や車など、その付近に設置する必要がありますよね。

その際に他人の家へ勝手に入れば「住居侵入罪」が適用されます。

また、室内にある家電などの他人の所有物を無断で開けたり分解して盗聴器を設置すれば、「器物損壊罪」にあたります。

さらに、他人宅の電話線を切断するなどの勝手な改造によって盗聴器を仕掛けることや、他者の通話内容を盗聴した場合は「有線電気通信法違反」に該当することとなります。

一方で、盗聴によって得た情報についてですが、これも他人に明かさず自分の中だけに留めておくことについては罪となりません。

しかし、盗聴によって知った情報を他人に話す行為は「電波法違反」となるほか、その情報を元に相手を脅せばもちろん「脅迫罪」に問われます。

加えて、盗聴することで知った情報から、相手を待ち伏せたりつきまとう行為を行えば立派な「ストーカー規制法違反」ということになります。

他人の家へ勝手に入れば「住居侵入罪」が適用されます。

また、室内にある家電などの他人の所有物を無断で開けたり分解して盗聴器を設置すれば、「器物損壊罪」にあたります。

さらに、他人宅の電話線を切断するなどの勝手な改造によって盗聴器を仕掛けることや、他者の通話内容を盗聴した場合は「有線電気通信法違反」に該当することとなります。

一方で、盗聴によって得た情報についてですが、これも他人に明かさず自分の中だけに留めておくことについては罪となりません。

しかし、盗聴によって知った情報を他人に話す行為は「電波法違反」となるほか、その情報を元に相手を脅せばもちろん「脅迫罪」に問われます。

加えて、盗聴することで知った情報から、相手を待ち伏せたりつきまとう行為を行えば立派な「ストーカー規制法違反」ということになります。

  • 住居不法侵入
  • 他人の住居に勝手に侵入
  • 器物破損
  • 盗聴器設置のために、他人の家の中のものを壊す
  • 有線電気通信法
  • 他人の家の電話線を改造し、勝手に盗聴器を仕掛ける
  • 電波法
  • 盗聴によって知りえた事実を他人に話す
  • 脅迫罪
  • 盗聴によって知りえた情報で脅迫
  • ストーカー規正法
  • 盗聴によって知りえた情報を元に、待ち伏せ、付きまといを行う

これらのように、盗聴行為自体は犯罪とはなりませんが、盗聴を行うために必要な行動や、そこで得た情報をどのように扱うかによっては罪に問われる可能性が十分にある、 ということがお分かりいただけたかと思います。

近年、盗聴器はインターネットなどで気軽に購入できるようになってしまい、誰にでも購入が可能です。

そのため、軽い気持ちで盗聴器を購入し、好奇心や遊び心から対象者の付近へ設置してしまうという人も増えています。

しかし、盗聴という行為は他人のプライバシーを侵害する可能性のある行為であることは間違いありません。

先に挙げたような犯罪行為として罪に問われるという理由だけでなく、人として他人の秘密やプライベートな 空間・時間に土足で踏み込むような行為は避けるべきだと言えます。