盗聴器発見業者の費用の相場

近年、盗聴器発見調査のニーズが高まっています。

テレビの特番でも盗聴器発見調査を扱うようになり、 一般的に盗聴器の怖さや世の中にどのくらいの盗聴器が出回っているかなどが認知されつつあるからではないかと考えられます。

そんな消費者ニーズの高まりから、引越しの際、引越し先の事前に盗聴器発見調査を行えるサービスを引越し業者がオプションとして提案しているところもあります。

新築の家よりも賃貸住宅のほうが盗聴器の設置率が高い。

といわれている時期もありましたが、建築中に盗聴器が設置され、 住み始めて盗聴器の存在に気づいた事件もあり、賃貸・購入を問わず、盗聴器が設置されるリスクはどこにでも潜んでいると考えることが必要です。

けれど、実際に盗聴器発見調査を行うにしても、費用がいったいどのくらいかかるのか?相場を知っているほど、 盗聴器発見調査の情報に詳しい人はほとんどいないはずです。

どのように料金設定しているかは、その業者ごとに違いがあり、 調査の内容にもかなりの差があるようです。

一般的な盗聴器発見調査の料金相場は、20,000円~120,000円程度

相場になぜこれほど幅がでるのか?それは、

・業者によって、料金設定に違いがある。
・調査を行う状況によって、グレードに差が出る。

からです。

盗聴器発見調査は、【1回 ○○円型】【面積スライド型】の2つの料金設定が主流となっており、 その主流の2つの設定に別途発見・撤去料が必要な場合もあれば、全てが含まれた料金提示になっているものもあります。

また盗聴器発見調査は、調査内容をグレード設定しているところもあるので、全ての盗聴器発見業者を同じものさしで比べることはかなり難しといえます。

盗聴器発見調査のグレードの違い

要最小限の調査を行ってくれる業者から、盗聴器発見調査と同時に盗撮発見調査も行ってくれる業者もあるなど、 付加サービスが充実している場合や、調査できる周波数帯が違ったり、特殊な盗聴器の発見に対応できる・できないの差がある場合もあります。

盗聴器発見調査は、調査を行いたい理由によっても選ぶべき調査が変わってくるため、料金の相場にも幅がでてきます。

もしも盗聴器発見調査を考えているのなら、盗聴器発見を扱う数社に同じ条件で相談してみることもひとつの方法といえるでしょう。

また、盗聴器の種類も様々あります。

従来のアナログ盗聴器なら、ほとんどの業者が対応していますが、特注な盗聴器となると対応している業者は限られます。

そのため、特殊な盗聴器とはどんな物があるのかを知ることは、業者選びの参考にもなります。

料金と一緒に発見調査で対応可能な盗聴器についても確認してください。

→デジタル式、リモコン式、その他の特殊な盗聴器を発見する受信機