盗聴器発見器ランキング|盗聴器発見機は何で比較するのが基本?

盗聴器発見器には色んな機種があります。
プロが使用する高度な盗聴器発見器から、素人でもネット通販で購入できる簡易の盗聴器発見器まで様々です。

その盗聴器発見器で、どれが一番優れているのか、素人には評価が難しいと思います。

そこで、盗聴器発見器のランキングで優れた盗聴器発見器はどれかを簡単にご紹介したいと思います。

第1位 超広帯域受信機 AR6000

AR6000は9kHz ~ 6000MHz の周波数に対応した世界初の超広帯域受信機です。

最新の広帯域技術、 デジタル信号処理を惜しみなく搭載したAR6000は広域電波監視業務、電界強度測定、通信頻度調査、電波伝搬調査、エリアチェックや空間監視(違法電波、盗聴、盗撮対策)など様々な調査を業務用レベルでご使用頂ける高性能な受信機となります。

AR5001Dと形は似ていますが、デジタル信号処理を加えられた全く新しい受信機となっており、最小周波数ステップ数が1Hz (3.15 GHz以上は2Hz)となっているため、盗聴器に使われるほとんどの周波数を傍受する事が出来ます。


第2位 コミュニケーションレシーバー AR5001D
AR5001D広帯域受信は40kHz~3150MHzを様々な復調モードで連続受信できる高性能な広帯域受信機です。
AR6000にはない機能としてはスペクトラム表示が本体のみで可能となっています。

メモリチャンネル2000ch、サーチバンク数40に加え不要な周波数をスキップするサーチパス計1200波まで登録出来る多彩な受信機能。
IF帯域内2波同時受信とHF帯との受信を組み合わせることで3波同時受信が可能となり、SDカードを本体へ直接差し込む事で
最大240時間の録音機能となっています。

すでに販売終了となったAR5000シリーズの後継機種となります。


第3位 デスクトップレシーバー AR8600 MARK2
コンパクトながら100kHz~3000MHzの非常に広い周波数範囲をカバーする受信回路を搭載しています。
音声反転、トーンスケルチ、空線キャンセル、外部メモリ、音声録音など5種類のカードを受信機本体の背面に同時装着することが可能で拡張性に優れています。

メモリチャンネル1000ch、サーチバンク数40に加え、不要な周波数をスキップするサーチパス2000波まで登録可能。
「AR8600」の後継機種で、受信周波数範囲を大幅に拡大し、受信性能を向上させた実践派本格受信機です。

航空無線受信、業務無線受信、短波放送受信を1台で楽しみたいユーザーにおススメのモデルとなります。

第4位 ワイドレンジレシーバー AR8200MK3

ハンディタイプの受信機ですが、デスクトップ同等の高機能を搭載したハイエンドモデルです。

530kHz~3000MHzの広帯域受信に対応しています。ハンディタイプのレシーバーで初めて、
3000MHz まで連続受信を実現し、持ち運びに便利と言うメリットもあります。

全5種類のカードを受信機底面スロットに1枚まで装着できオプションカード装着で機能のアップが可能となっています。

第5位 DJ-X11

ハンディの枠を超えポータブル・デスクトップと呼んでも良い高性能レシーバーです。
数字キー操作時や入力した周波数、盗聴器発見を日本語で発声する音声ガイドが付いているので受信機が初めての人にも
おススメの一品です。

メインバンドV F Oで0 . 0 5~1 3 0 0 M H zを連続受信する他、
サブバンドの受信周波数VHF:118~171MHz/UHF:336~470MHzと合わせて2波同時受信を実現しているのも魅力です。



第6位 BUG-CHASER-EX

BUG-CHASER-EXは盗聴器発見業者も使っている盗聴器発見器です。使いやすく対応周波数も50MHz~2,000MHzとかなり広い範囲をカバーしてくれます。

充電式ではなく電池交換式なので、バッテリー充電の時間もかかりません。使い方もハンディタイプの広帯域受信機より使いやすいので、広帯域受信機はハードルが高いと思う初心者でも使えます。

ただし、値段が他の広帯域受信機よりも若干高いことがこのBUG-CHASER-EXのデメリットではないでしょうか。



第7位 DJ-X81

DJ-X81はDJ-X11と同メーカーの盗聴器発見器です。対応周波数は0.100MHz~1299.995MHzの間です。

充電池、乾電池ともに使用可能で、充電池で19時間、乾電池で13時間の受信が可能です。

他と比較すると受信可能な帯域は狭くなりますが、インプット用のテンキーも付属しており、コストパフォーマンスに優れた商品となっています。
公式サイトに銘打たれた通り、ミドルクラス・テンキーレシーバーの頂点といえるでしょう。



第8位 UHF専用3チャンネル受信機 UZ-10

主要の3チャンネル(A・B・C)のの受信が可能となっています。
電池を入れて、アンテナつけて、イヤホンつけて、チャンネル合わせて、スイッチオンするだけで面倒な操作は一切ありません。

耐久性の高い受信回路、壊れにくくなっていますので、長くご使用になれます。
通常の無線受信機を使用するよりもシンプルな操作で簡単に受信が可能な専用受信機でクリアな音で受信する事ができます。


高性能な盗聴発見器を自費購入するのは難しい

このランキングで紹介している上位の盗聴器発見器は、価格が10万円~60万円とかなり高額な機械です。

60万円は、ちょっと無理すれば購入できる、というレベルの金額ではないと思います。

盗聴器発見器は、性能が高くなればなるほど、本体価格が高くなります。

そんなときは、ランキング上位の機材を使って調査を行っている盗聴器発見業者に依頼することで、負担する費用を5万円以下に抑えられることもあります。